2019年5月の国外宣教祈祷課題

いつも国外宣教の働きを覚えていただきありがとうございます。今年のゴールデンウィークが連休が長かったですが、長い連休海外に行く人も多かったのではないでしょうか?国外宣教委員会では毎年、宣教地を覚えることができるカレンダーを作成し販売しています。ちなみに、5月はアジア21の国々を覚えて祈る月となっています。同盟基督教団はアジア全域への宣教師派遣を目指して国外宣教の働きを進めています。このビジョンを「アジア21」と呼んでいますが、アジア21の「21」とは、宣教に取り組む21世紀を、そしてアジアの各国・各地域全体を意味する数字です。ぜひ、この月、世界地図を広げて、世界宣教に関心を持って祈っていただければと思います。引き続き、宣教地のためにもお祈りください。